D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD人気商品電子書籍リーダー

   最新ベストセラー・レビュー 【ミステリー・サスペンス】



アマゾン検索

小説文芸ミステリーノンフィクション話題の本棚ビジネスマネーインターネット発売日カレンダー電子書籍

簡単レシピダイエット健康家庭医学介護老後絵本童話資格検定教育学参語学辞書

環境サイエンス社会文化国際政治法律歴史地理美術デザイン


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


41 歌舞伎町ダムド (中公文庫)


誉田 哲也の本Kindle本

新宿歌舞伎町を地獄に変えた伝説的犯罪から7年、事件の首謀者〈ジウ〉の生まれ変わりと称する怪物〈ダムド〉が、再び街を血に染める! 悪を制するのは悪のみ―― 殺戮のカリスマvs.新宿署刑事vs.私設暗殺集団による、いまだかつてない三つ巴の死闘が始まった。 200万部超の大人気シリーズ〈ジウ〉サーガ第7弾! 『ジウ』『国境事変』『ハング』そして『歌舞伎町セブン』、 すべての物語がここに繋がる――

価格 ¥778
11点の新品/中古品を見る ¥584より


42 夜の署長 (文春文庫)


安東 能明の本Kindle本

発売日:3/10

夜間犯罪発生率日本一の歌舞伎町を抱える新宿署には、夜の署長≠ニ呼ばれる伝説の刑事がいた――。 「随監」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞し、同作を含むシリーズで警察小説の旗手となった著者が、新宿署を舞台にさらに熱い′Y事たちを描く。 多くの通行人が行きかう中、歌舞伎町の路上で女性がホスト風の男たちに拉致された。緊急配備がかけられほどなく犯人は逮捕、女性も保護される。実はその女性はホストにはまり、それが夫にばれて家出をし、さらに店

価格 ¥691
4点の新品/中古品を見る ¥691より


43 代償 (角川文庫)


伊岡 瞬の本Kindle本

不幸な境遇のため、遠縁の達也と暮らすことになった少年・圭輔。新たな友人・寿人に安らぎを得たものの、魔の手は容赦なく圭輔を追いつめた。長じて弁護士となった圭輔に、収監された達也から弁護依頼が舞い込み。 平凡な家庭で育った小学生の圭輔は、ある不幸な事故をきっかけに、遠縁で同学年の達也と暮らすことに。運命は一転、過酷な思春期を送った圭輔は、長じて弁護士となるが、逮捕された達也

レビュー 子供時代のエピソードは本当に胸くそ悪い、読んでて腹の立つ話でした。その中でかけがえのない友人に出会い救われていくのですが、大人になってからまた罠にはめられていく、というストーリーです。いろいろ、?な話もあります(小5で継母と肉体関係とか)し、そもそも主人公の弱さが見ててイライラしたり、一応ハッピーエンドではありますが、もっとズバッと気持ちよく解決して欲しかったなと。

価格 ¥864
26点の新品/中古品を見る ¥253より


44 ムーンナイト・ダイバー


天童 荒太の本Kindle本

ダイビングのインストラクターをつとめる舟作は、秘密の依頼者グループの命をうけて、亡父の親友である文平とともに立入禁止の海域で引き揚げを行っていた。光源は月光だけ――ふたりが《光のエリア》と呼ぶ、建屋周辺地域を抜けた先の海底には「あの日」がまだそのまま残されていた。依頼者グループの会が決めたルールにそむき、直接舟作とコンタクトをとった眞部透子は、行方不明者である夫のしていた指輪を探さないでほしいと告げるのだが… 311後のフクシマを舞台に

レビュー 天童さんの3年ぶりの小説です。私は天童さんの小説を好む理由の一つとして、人が持つ言葉で表せない弱い心の部分、それを安い売り物にせずに真摯に書いてくれるところです。言葉で表すことが出来ないからそれを行為で代償し物語にする。包帯クラブでは、心の傷を受けた場所を包帯で巻き、悼む人では、突然の死を迎えた人々にただただ祈りつづける。

価格 ¥1,620
17点の新品/中古品を見る ¥842より


45 札沼線の愛と死 新十津川町を行く (ジョイ・ノベルス)


西村 京太郎の本Kindle本

十津川警部vs魔法使い 廃線の危機に揺れる北海道の小さな町に現れたのは 救世主か、悪魔か――? 殺人現場に残された血の十字の意味とは? 十津川警部が住む東京・三鷹で銃殺事件が。 現場の雪の上には、被害者の男が自分の血で書いたと思われる十字のマークが残されていた。 さらに「殺された男は十津川警部に招待状を届けようとした」という女からの電話が。 被害者は北海道新十津川町の人物と推理した十津川は現地へ飛ぶ。 地元路線の廃線が取りざたされている

価格 ¥907
5点の新品/中古品を見る ¥562より


46 13階段 (講談社文庫)


高野 和明の本Kindle本

第47回(2001年) 江戸川乱歩賞受賞 宮部みゆき氏絶賛!!!手強い商売仇を送り出してしまったものです。――(本書解説より)犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。処刑までに残された時間はわずかしかない。2人は、無実の男の命を救うことができる

レビュー 変わった題名…と思い、手にしたら最後、読み終わるまで何にも手につきませんでした。描写が細かすぎて、背筋がぞっとするシーンも多々あり・・・。思わず生唾のみこむ、なんてことも。三上も、南郷の二人のことが、なんだか切なくて切なくて…死刑執行制度についての観点からもぜひ、たくさんの人に読んでもらいたいなあ…と私事ですが。

価格 ¥700
95点の新品/中古品を見る ¥1より


47 火車 (新潮文庫)


宮部 みゆきの本Kindle本

第6回(1993年) 山本周五郎賞受賞 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミ

レビュー 宮部は「理由」で有名になったのかと思ってたが、この作品はそれ以前なんですね。宮部みゆきは、『理由』のディティールにせよ、『模倣犯』や『ソロモンの偽証』に出てくる幾人かの少年にせよ、不条理でエキセントリックに見えるが、実はリアリティあふれてるところが魅力である。ただこの一作は違う。他の方の感想を読んでて「クレジット破産の闇のからくり的話かな?」と思ってたけど、それも違う。

価格 ¥1,069
231点の新品/中古品を見る ¥1より


48 ストレンジ・シチュエーション 行動心理捜査官・楯岡絵麻 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)


佐藤 青南の本Kindle本

発売日:3/4

相手のしぐさから真実を読み取る自供率100%の取調官、通称エンマ様のシリーズ最新刊! 本駒込署のトイレで宮出巡査が拳銃自殺をした。 一方、強盗殺人事件の現場に向かった絵麻と西野だったが、被害者夫婦の血痕がついた衣類が宮出の自宅から発見された。 宮出の単独犯として事件は解決したかに見えたが、宮出の同期・綿貫刑事は自殺を断固否定する。 絵麻は宮出の犯行方法のずさんさに違和感を覚え――。 ほか、女子大生失踪事件やアイドル殺害事件、大手企業の長

レビュー 社会問題などが取り入れられていて全体的にリアリティが感じられて、凄く良かったです

価格 ¥713
4点の新品/中古品を見る ¥713より


49 64(ロクヨン) 下 (文春文庫)


横山 秀夫の本Kindle本

記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警をさらに揺るがす事件が―。驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。 横山/秀夫 1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒

レビュー 上巻のレビューではべた褒めしてしまいました。でも、よーく考えてみると登場人物たちってほとんど「事件の推理」なんてしてないような。だから警察小説なんですね。伏線がたくさんあって、それがだんだんと回収されて、最後の伏線大回収まで一気に読まされたので「推理した」気になってました。本当に読ませます。

価格 ¥691
104点の新品/中古品を見る ¥1より


50 64(ロクヨン) 上 (文春文庫)


横山 秀夫の本Kindle本

二〇一二年のミステリー二冠! 究極の警察小説登場! 昭和64年に起きたD県警史上最悪の事件を巡り警務部と刑事部が全面戦争に突入。その狭間に落ちた広報官・三上は己の真を問われる。 元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶

レビュー ネタバレにならないように注意して書きます。初めて横山氏の作品を読んだと思います。脱帽しました。最初に上巻だけ買って帰ったのですが、すぐに下巻を買いに行く羽目になりました。上巻では提示される謎や課題が多く、ほとんどが解決されません。下巻で、上巻で広げた風呂敷が畳まれ始めるのですが、、、圧巻です。「それ伏線だったんだ…」と何度も唸らされました。

価格 ¥691
149点の新品/中古品を見る ¥1より


このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。


 ベストセラーミステリー・サスペンスのRSS配信  ミステリー・サスペンスのRSS配信です。


話題の一冊

布施 知子/花の飾りおりがみ: 部屋や贈り物のアクセントになる75点

手紙に、部屋に、贈り物の箱に。ちょっとアクセントがほしい時には花の飾りおりがみを飾ってみませんか。つつじ、ダリア、アネモネ、コスモスなど75種の花が作れます。裏側は平らになっているので、壁面やガラスに貼る壁面飾りとしてもおすすめ。ジョイント材を使えば、リースのようにつなげられる作品もあります。ぜひ、さまざまな花を咲かせてみてください。




最新ニュース・話題ベスト

ニュース フジ元記者に罰金30万円 車の名義貸し事件 東京簡裁

スポーツ イチロー 日替わりキャンプTシャツ/写真特集2

芸能 EXILE・TAKAHIROが舞台初挑戦、初主演

旬の話題検索 那須 雪崩




 




スポンサードリンク




51 ブラウン神父の童心【新版】 (創元推理文庫)


G・K・チェスタトンの本Kindle本

奇想天外なトリック、痛烈な諷刺とユーモアで、ミステリ史上に燦然と輝くシリーズの第一集。小柄で不器用、団子のように丸く間の抜けた顔。とても頭が切れるとは思われない風貌のブラウン神父が真相を口にすると、世界の風景は一変する! ブラウン神父初登場の「青い十字架」のほか、大胆なトリックの「見えない男」、あまりに有名な警句で知られる「折れた剣」等12編を収める。解説=戸川安宣 奇

レビュー イズレイル・ガウの誉れの初めのほうに誤記?が。文庫本がどうだったかわかりませんが。古めかしいフランスFスコットランド式別荘、となってます。KindlePaperWhiteで見ても、Androidアプリから見ても同じなので、環境依存無し、みたい。出版元に伝える術がわからないのでここに書いておこう。

価格 ¥799
5点の新品/中古品を見る ¥799より

52 浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ (講談社文庫)


青柳 碧人の本Kindle本

その名も「不可能」なる立方体に人質が閉じ込められた! 助け出すヒントは”(-1)×(-1)”。浜村渚は数学的名案を閃くか!? その名もデロス(不可能)・キューブなる立方体に人質が閉じ込められた!開かずの扉をひらくヒントは“(-1)×(-1)”。絶望を抱えたマイナス思考のテロリストに挑む天才少女・浜村渚は、ヒントに隠された「マイナスの魔法」に気が付いた!はたして人質を救う

レビュー Amazonで購入させていただきました。本書はシリーズの通算8冊目にあたるので、本書を買われる方は著者のことはよくご存知のことと思いますが、本書ではじめて浜村渚シリーズを購入される方がいらっしゃるかもしれないため、まずはじめに以下に著者紹介を書きたいと思います。著者の青柳碧人(あおやぎ・あいと)さんは、1980年千葉県生まれ。

価格 ¥670
11点の新品/中古品を見る ¥636より


53 怒り(上) (中公文庫)


吉田 修一の本Kindle本

信じることの難しさ 吉田修一の『怒り』が新刊として発売されたのは2年余り前だが、この秋、映画化によってあらためて注目されている。これを機に新しく巻かれた文庫本のカバーには、渡辺謙ら出演俳優の顔写真が組まれ、華やかだ。 八王子の郊外に暮らす若い夫婦が自宅で惨殺され、目撃情報から精緻なモンタージュ写真が作られる。犯人は山神一也、27歳。すぐに全国に指名手配されるも手がかりがないまま1年が過ぎた夏、房総の港町で働く親子、東京の大企業に勤めるゲ

レビュー 小さな綻びから偶然が積み重って、とりかえしのつかない裏切りや誤解につながる日常の悲劇。(以下ネタばれあり)殺人犯が顔の整形をして偽名を使いながら全国を点々とし、沖縄の無人島に潜伏…という、明らかに数年前千葉県で起きた英国人女性英語教師殺害事件を連想させるストーリを幹としているが、一見それと間違うような枝葉がずぶずぶとこの幹から生えている。千葉の漁港で、出戻り娘の婿に落ち着いた寡黙な田代哲也。

価格 ¥648
69点の新品/中古品を見る ¥108より


54 怒り(下) (中公文庫)


吉田 修一の本Kindle本

田代が偽名を使っていると知った洋平、知らない女とカフェにいる直人を見た優馬、田中が残したものを発見した泉。誰が裏切られたのか? 衝撃のラスト。 山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けていた田中が住む無人島であるものを見てしまう。日常をともに過ごす相手に対し芽

レビュー 吉田修一氏の「悪人」は娯楽性と明確かつ深遠なメッセージを兼ね備えた近年では最高レベルの小説であった一方、その後手に取った「パレード」は雰囲気だけで中身やメッセージが有りそうでない駄作であると感じた。この著者の実力を測りかねているところで、映画化もあり話題になっているこの本を手に取ってみた。

価格 ¥648
34点の新品/中古品を見る ¥198より


55 物件探偵


乾 くるみの本Kindle本

不動産の間取り図には、あなたの知らない究極のミステリが潜んでいる。利回り12%の老朽マンション!? ひと りでに録画がスタートする怪現象アパート? 新幹線の座席が残置された部屋??――そんなアヤシイ物件の謎、解けますか? 『イニシエーション・ラブ』で日本中をまんまと騙した作家が、不動産に絶対欺されないコツを教えます。大家さんも間取りウォッチャーも興奮の超実用的ミステリ!

価格 ¥1,512


56 水鏡推理6 クロノスタシス (講談社文庫)


松岡 圭祐の本Kindle本

過労死続出の闇〔ブラック〕官庁。腐った隠蔽体質に真っ向挑むノンキャリ女子!大人気シリーズ第6弾!【本シリーズはどの巻からでも読めます!】シリーズ史上、最も熱心に読んだ。そして翌日は、定時で仕事を上がった。―三省堂書店営業本部 新井見枝香意外な事実のつるべ打ち。一冊の中に、どれだけネタをぶち込むのかと、唖然呆然。―文芸評論家 細谷正充過労死のリスクを数値化して予防できる画期的新技術が、文科省研究公正推進室による最終評価段階を迎えていた。評

レビュー 文科省を舞台にした「人の死なないミステリー」6巻目。今回は過労死問題。作者は社会問題を取り上げるのがすごく上手だなと思いました。最初の文章にもあるように、今回は人の死なないから逸脱しているに面食らいました。そしてプロローグから読んでいくと、あーこんな感じで重いんだなと思いましたが、瑞希が検証していくと、とんでもない方向に向かい、一気読みしてしまいました。

価格 ¥734
9点の新品/中古品を見る ¥670より


57 終りなき夜に生れつく


恩田 陸の本Kindle本

僕たちは、同じ種族だ。 永遠に終わらない夜を生きていく種族。 のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、 犯罪者たちの王として君臨する男、神山。 市民に紛れて生きていた彼を追う雑誌記者が見たものとは――。 強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、 いかにして残虐な殺人者となったのか。 『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの 過去が今、明らかになる。 強

レビュー 2013年に発刊された「夜の底は柔らかな幻」のスピンオフ短編集です。内容はすべて、本編よりも過去の話となっています。ある環境下で少年時代の一部を共に過ごした、強力な特殊能力を持つ三人の男たちの物語です。主観的に語られるのは一人だけで他は他者からの観察で語られ一人に至ってはニックネームしか出ません。本編を知らなくてもとても魅力的な物語ですが、本編もお勧めです。

価格 ¥1,620
6点の新品/中古品を見る ¥1,149より


58 漆黒に包まれる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション(ロマンス・コレクション))


J. R.ウォードの本Kindle本

これは、終わりなのか、始まりなのか ── シリーズ中最大の問題作登場 ── 大人気 〈 黒き剣兄弟団 〉 シリーズ、怒濤の第6弾! ! 両親に愛されず、だれの期待にも応えられなかったと悩むフュアリーは、その自己嫌悪から逃れるために薬物に溺れ、あげく〈兄弟団〉から外される破目にな。 〈プライメール〉としての役割も果たせず、そのことで精神的に追い詰められていく。〈巫女〉であるコーミアは彼に手を差し伸べようとするが……。 いっぽう敵対する殲滅

レビュー BDBシリーズ6フュアリーと巫女コーミアの話。残念ながら、ロマンスは少なめでした。前作、サディストも過酷な人生でしたが、フュアリーも結構辛い過去でした。コーミアとのロマンスも発展せず、麻薬の頻度も増えて、中毒になって騎士団から外され踏んだり蹴ったり。。 ロマンスはいまいちでしたが、前作のラッシュはオメガの息子だったり、色々、、ロマンス以外は発展した物語でした。

価格 ¥1,490
7点の新品/中古品を見る ¥1,490より


59 重力ピエロ (新潮文庫)


伊坂 幸太郎の本Kindle本

半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し

レビュー 伊坂氏の作品は、深く考え、しかめ面して感想を書く類のものではない。何作か読んだなら分かるが、登場人物が皆なんというか、「伊坂的」なのである。何かしら問題を抱えているにも関わらず、小粋な言い回しをしたり、例え話を切り出して話が脱線したり、「お前本当に悩んでんの?」と問いたくなるくらい。なので感情移入が出来ない。この作品で言えば、母親が過去味わった屈辱、そして「春」の存在。これは大変重いテーマである。

価格 ¥767
913点の新品/中古品を見る ¥1より


60 回帰 警視庁強行班係・樋口顕


今野 敏の本Kindle本

これは日本で初めて起こったテロ事件なのか? 事件は現場ではく会議室でも起きている!! 捜査と家庭に追われる刑事の奮闘を描く、シリーズ最新作!!四谷にある大学の門近くで自動車の爆発事故が起こった。死者と怪我人を出したこの爆発は、やがて「爆弾」が仕掛けられていたことが判明する。警察はテロと断定し、警視庁刑事部捜査一課の樋口顕は情報収集に動き出すが、上司である天童隆一管理官から「かつての部下、因幡が『テロを防ぎたい』という電話をかけてきた」と

価格 ¥1,728
3点の新品/中古品を見る ¥1,728より



Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加