D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD人気商品電子書籍リーダー

   最新ベストセラー・レビュー 【政治】



アマゾン検索

小説文芸ミステリーノンフィクション話題の本棚ビジネスマネーインターネット発売日カレンダー電子書籍

簡単レシピダイエット健康家庭医学介護老後絵本童話資格検定教育学参語学辞書

環境サイエンス社会文化国際政治法律歴史地理美術デザイン


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


戦争にチャンスを与えよ (文春新書)


エドワード ルトワックの本Kindle本

ベストセラー『中国4.0』の著者、待望の最新作! 国連・NGO・他国の介入が戦争を長引かせるのだ!――本当の戦争を知る大人の戦略論 著者のルトワック氏は、ローマ帝国の戦略に関する論文で博士号を取得するなど、古今東西の歴史に関する博識を有する一方で、実際の戦場も経験し、安全保障に関して各国のアドバイザーとして活躍している異色の人物です。「歴史」も「理論」も「実践」も知り尽くした「最強の戦略家」です。 旧ユーゴ内戦、ルワンダ内戦、シリア内戦

レビュー 実は4/19に本屋で平積みになっていたので入手しました。同じ文春新書の『中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))』の著者+翻訳者コンビの2冊目となります。今回の本のテーマはズバリ「現在の世界で勃発している、そしてこれから勃発するかも知れない戦争について」でしょう。

価格 ¥864
9点の新品/中古品を見る ¥520より


スノーデン 日本への警告 (集英社新書)


エドワード・スノーデンの本Kindle本

発売日:4/14

◆推薦◆ 金平茂紀氏(TBS「報道特集」キャスター、早稲田大学大学院客員教授) 「大規模監視社会の到来を他人事としないための必読書」 内田樹氏(思想家、神戸女学院大学名誉教授) 「アメリカでは、テロ防止という名分に基づくマス・サーベイランス(無差別監視)が結果的に“監視するだけで監視されない"特権的な権力領域を政府内部に創り出した。 スノーデンは特定秘密保護法以後の安倍政権の真のねらいが何であるかを教えてくれる」 ◆スノーデンからのメッ

レビュー 特に目新しい話は出てきていません。

価格 ¥778
15点の新品/中古品を見る ¥778より


戦争にチャンスを与えよ (文春新書)


エドワード・ルトワックの本Kindle本

国連・NGO・他国の介入が戦争を長引かせるのだ!ベストセラー『中国4.0』の著者、待望の最新作!著者は古今東西の歴史に通じる一方で、実際の戦場も経験しており、各国の安全保障アドバイザーとして活躍しています。そのルトワック氏はこう断言しています。良心や正義感、人道的配慮にもとづく国連、NGO、他国による中途半端な介入が、「戦争」を終わらせるのではなく、「戦争」を長引かせている、と。なにも戦争を奨励しているわけではありません。「本当の平和は

レビュー 実は4/19に本屋で平積みになっていたので入手しました。同じ文春新書の『中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))』の著者+翻訳者コンビの2冊目となります。今回の本のテーマはズバリ「現在の世界で勃発している、そしてこれから勃発するかも知れない戦争について」でしょう。

価格 ¥850


日本人が知らない洗脳支配の正体 日本を見習えば世界は生き残れる


高山 正之の本Kindle本

EUは崩れ、米国は混乱し、中国は倒れる 日本人は「ジャパンファースト」でキレイごとの恐怖社会から覚醒せよ! ●アイゼンハワーの功績、ルーズベルトの大罪 ●アメリカの大統領候補を決めるのは国民ではなくキングメーカー ●ジャーナリストに「言論の自由」がないのは常識 ●北方4島をプーチンが返せないこれだけの理由 ●グローバリズムの本当の脅威を知らない日本 ●中国に在駐している13万の日本人は即刻帰国させろ ●部数急落の朝日は団塊の世代とともに

レビュー 幅広い知見を有する保守派の論客2氏による対談を収めた一冊。

価格 ¥1,404
5点の新品/中古品を見る ¥1,300より


米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)


ピーター・ナヴァロの本Kindle本

◆トランプ政策顧問が執筆!◆・経済成長のために必要な原油の中東からの輸送ルートは、太平洋地域の制海権をもつアメリカによって抑えられている。・空母と同盟国の基地を主体にした米軍に対抗するため、安価な移動式のミサイルで叩くという「非対称兵器」の開発を中国は進めてきた。・南シナ海や尖閣諸島の海底に巨大な油田が発見された。・南シナ海や尖閣諸島を囲む第一列島線。その内側の制海権を中国は握りつつある。・歴史上、既存の大国と台頭する新興国が対峙したと

レビュー 「米中もし戦わば」というタイトルから「アメリカと中国が戦ったらどっちが勝つか」といったシミュレーションものだと思うかもしれないが、そうではない。アメリカの立場からどうしたら中国との衝突が避けられるかを真面目に分析した地政学・安全保障の本である。内容は深刻だが、書き方が堅苦しくないし、1つのテーマについて最初にクイズを出して簡潔に提示するようなやり方なので、堅いテーマのわりに読みやすく感じた。

価格 ¥2,000


中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)


エドワード・ルトワックの本Kindle本

2000年以降、中国は三度、その戦略を転換してきた。「チャイナ1.0」 =平和的台頭「チャイナ2.0」 =対外強硬路線「チャイナ3.0」 =選択的攻撃来たる「チャイナ4.0」とは、どのような戦略なのか? そして日本がとるべき道とは。戦略論の分野で世界的な名声を確立した本物のストラテジストが語る。戦略家ルトワックのセオリー・大国は小国に勝てない・中国は戦略が下手である・中国は外国を理解できない・「米中G2論」は中国の妄想・習近平は正しい情

レビュー 複雑きわまりないと普通は思う中国の動向がスッキリと整理されて頭に入ってくるのは、中国専門家ではなく戦略専門家の書いた本ゆえのことだろう。この本では中国は徹底して記号化されている。まず、「大国」。そして「制御困難」。これが中国だ。そして中国の安定しない外交政策――1.0(平和政策)、2.0(対外強硬路線)、3.0(選択的攻撃)――の背景にあるものをいくつかのキーワードで説明している。

価格 ¥800


民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる




本書はスイス政府がその住民と国土を戦争・災害から守るためのマニュアルとして、全国の各家庭に一冊ずつ配ったものの翻訳である。官民それぞれが平時から準備すべき事柄が簡潔に具体的にまとめられ非常に参考になる。この1冊で、戦争や災害などの、想定されるさまざまな局面と状況に対応できる! 【内容目次】 平和 われわれは危険な状態にあるのだろうか深く考えてみると祖国国の自由と国民それぞれの自由国家がうまく機能するために良心の自由理想と現実受諾できない

レビュー これは、日本と同じように平和を希求する国として、永世中立を謳っているスイス政府が国民に対して配布している本です。ともに平和を求めるということでは同じ理想を目指しているんですが、日本と違って、スイスは非常にリアリスティックにその平和というものを考えて、どこにも与しないが自国を徹底的に守る兵力は持つべきだと考え強大な武力を背景に平和を守ろうとしています。

価格 ¥1,620
19点の新品/中古品を見る ¥1,000より


在日特権と犯罪


坂東忠信の本Kindle本

元刑事・外国人犯罪対策講師が、 未公開警察統計データからその実態を読み解く! 凶悪犯罪から生活保護不正受給まで、 警察内部でさえ明らかにされていなかった 詳細データを一気に公開! 一方的な外国人優遇は日本に何をもたらすのか? 〈目次〉 第一章 国際感覚を取り戻せ 第二章 移民国家日本の歴史 第三章 「犯罪特権」と「嫌韓」 おまけの第四章 日本の今後と外国人 凶悪犯罪から

レビュー ヘイトではなく、事実列挙。韓国人と結婚する日本人女性には読んでもらいたい一冊。どういう民族なのかがよくわかる。

価格 ¥1,296
19点の新品/中古品を見る ¥940より


遺書 東京五輪への覚悟


森 喜朗の本Kindle本

ガン、五輪の闘いのすべてをここに書き残すことにした。私はいま、二つの闘いを進めている。一つはもちろん、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を成功させる準備。もう一つは、私のガンとの闘いである。(中略)新しい治療薬の効力がなくなれば、この世とのお別れになる。私のこの闘いの軌跡をこのまま墓場に持って行くのは、あまりに虚しい。(中略)この闘いの中で知り得たこと、記録に留めておくべきことは書き残しておきたい。それで、あえて「遺書」としてまと

レビュー アマゾンの書評を読み、元総理の後援者が好意的に書いているのだろうと半ば思い、それほどの期待をせずに購入したのであるが、予想に反してこの本は元総理が明鏡止水の心境で書いている。勿論政治の世界であるから立場によって見方は変わってくるし、自己弁護がないといっては的を外れているだろう。しかし、真実を吐露したもの充分に感じることができた。

価格 ¥1,620
10点の新品/中古品を見る ¥1,620より


10 朴槿恵と亡国の民 (扶桑社BOOKS)


シンシアリーの本Kindle本

シリーズ累計46万部突破! 待望の緊急出版! 【韓国憲政史上初の大統領罷免と「左派政権」の再誕が確実視される前代未聞の大混乱!】【朴槿恵氏と韓国現代史を様々な側面から検証する稀有なる一冊!】シリーズ第8弾は、緊急出版として、韓国憲政史上初めて大統領を罷免となった朴槿恵氏と彼女を通して露わになってくる韓国に潜む「闇」について鮮やかに描き出す。3月10日、韓国憲法裁判所は、法よりも勝る「真正性」を不可侵の理由とし、韓国憲政史上初となる大統領

価格 ¥1,400


このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。


 ベストセラー政治のRSS配信  政治のRSS配信です。


話題の一冊

恩田 陸/夜のピクニック

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。




最新ニュース・話題ベスト

ニュース 日本一ウィンカー出さない県、自虐的な動画が話題に

スポーツ J2第10節の結果と出場停止&負傷者情報

芸能 神田正輝「恥ずかしいから!」娘の結婚に照れまくる

旬の話題検索 神田正輝 会見




 




スポンサードリンク




11 中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))


エドワード ルトワックの本Kindle本

2000年以降、「平和的台頭」(中国1.0)路線を採ってきた中国は、2009年頃、「対外強硬」(中国2.0)にシフトし、2014年秋以降、「選択的攻撃」(中国3.0)に転換した。来たる「中国4.0」は? 危険な隣国の未来を世界最強の戦略家が予言する! 戦略家ルトワックのセオリー・大国は小国に勝てない・中国は戦略が下手である・中国は外国を理解できない・「米中G2論」は中国の妄想・習近平は正しい情報を手にしていない・習近平暗殺の可能性・日本

レビュー 複雑きわまりないと普通は思う中国の動向がスッキリと整理されて頭に入ってくるのは、中国専門家ではなく戦略専門家の書いた本ゆえのことだろう。この本では中国は徹底して記号化されている。まず、「大国」。そして「制御困難」。これが中国だ。そして中国の安定しない外交政策――1.0(平和政策)、2.0(対外強硬路線)、3.0(選択的攻撃)――の背景にあるものをいくつかのキーワードで説明している。

価格 ¥842
32点の新品/中古品を見る ¥450より

12 自民党―「一強」の実像 (中公新書)


中北 浩爾の本Kindle本

自民党は結党以来38年間にわたり政権を担い、2度「下野」したが、2012年に政権に復帰。一強状態にある。その間、自民党は大きな変貌を遂げた。本書は、関係者へのインタビューや数量的なデータなどを駆使し、派閥、総裁選挙、ポスト配分、政策決定プロセス、国政選挙、友好団体、地方組織、個人後援会、理念といった多様な視角から、包括的に分析。政権復帰後の自民党の特異な強さと脆さを徹底的に明らかにする。

レビュー 現在の政界は、安倍首相率いる自民党の「一強」体制にあると言われるが、それは本当であろうか。本書は、自民党について、派閥、総裁選挙、政策決定過程、国政選挙、友好団体、地方組織と個人後援会といった様々な角度から、自民党の独自性、強さと脆さを綿密に分析している。ただし、野党についての記載は全くと言っていいほど少ない。あくまでも純粋に自民党のことを研究した本である。

価格 ¥950
5点の新品/中古品を見る ¥950より


13 日本列島創生論 地方は国家の希望なり (新潮新書)


石破 茂の本Kindle本

これで日本は甦る。 初代地方創生相が示すアベノミクスの先の「処方箋」! はじめに――革命は地方から起きる 日本はすでに有事/子孫に負債を残すな/人口減少楽観論の間違い/ アベノミクスの先にある処方箋/地方からの革命を 1 地方創生とは何か バラマキではない/危機感と目標/二〇六〇年に一億人に/『地方消滅』の衝撃/自治対の努力義務/東京の危険性/東京の衰退 2 補助金と企業誘致の時代は終わった 地方が元気だった時代/企業誘致型の限界/「夢

レビュー 石破氏というと、軍事の専門のイメージがありますが、本書では地方創生について語られます。地方分権とか、地方自治の必要性は、前々から言われており、かつては長野の田中康夫知事だったり、最近では大阪の橋下徹氏が試みた様な事です。内容は既出の話もありますが、PDCA(計画・実行・評価・改善)、KPI(重要業績評価指数)など新たな視点も。

価格 ¥821
8点の新品/中古品を見る ¥720より


14 日本会議の研究 (扶桑社新書)


菅野 完の本Kindle本

「日本会議」とは何なのか? 市民運動が嘲笑の対象にさえなった80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」がいた。 彼らは地道な運動を通し、「日本会議」をフロント団体として政権に影響を与えるまでに至った。 そして今、彼らの運動が結実し、日本の民主主義は殺されんとしている。―― 安倍政権を支える「日本会議」の真の姿とは? 中核にはどのような思想があるのか? 膨大な資料と関係者

レビュー 著者は森友学園の籠池元理事長の証人喚問をプロデュースした作家の菅野完。現代表は政治から手を引いている宗教団体『生長の家』出身の生長の家原理主義者の活動家が牛耳る右翼宗教団体『日本会議』に安倍政権のほとんどの閣僚が所属しているという事実から始まり、その日本会議の成り立ちを調べ上げている。自民党の集票力は日本会議の信者による動員力に負うところが大きいのだ。

価格 ¥864
95点の新品/中古品を見る ¥461より


15 日本第一党宣言


桜井誠の本Kindle本

発売日:5/20 予約できます。

価格 ¥1,296


16 警察手帳 (新潮新書)


古野 まほろの本Kindle本

「警察」とはどんな組織なのか? 「警察官」とはどのような人びとなのか? 刑事ドラマでもなく、警察小説でもなく、「現実の警察」がおもしろい! ! ! 警察キャリア出身の作家だからこそ、ここまで書けた “超絶リアル"な、超巨大機構の真実――。 警察とは、自衛隊に次ぐ、ニッポンで2番目の超巨大機構だ。全国に30万人にも警察職員を有している。 その「ニッポンの警察」について、元警察庁I種警察官の作家が、採用制度から警察学校、交番、警察署、警視庁

レビュー 元警察官僚の作家が、自身の実体験を基に警察組織について分かり易く解説している。内容としては、警察官になる方法、刑事の生き様、警察の組織体制、警察官のメンタリティなどで、特に刑事の話はなかなか興味深い内容であった。

価格 ¥864
21点の新品/中古品を見る ¥510より



18 米中もし戦わば


ピーター ナヴァロの本Kindle本

◆トランプ政策顧問が執筆!◆ フジテレビ「新報道2001」(11・27)、東洋経済オンライン(11・28)で紹介! ・経済成長のために必要な原油の中東からの輸送ルートは、太平洋地域の制海権をもつアメリカによって抑えられている。 ・空母と同盟国の基地を主体にした米軍に対抗するため、安価な移動式のミサイルで叩くという「非対称兵器」の開発を中国は進めてきた。 ・南シナ海や尖閣諸島の海底に巨大な油田が発見された。 ・南シナ海や尖閣諸島を囲む第一

レビュー 「米中もし戦わば」というタイトルから「アメリカと中国が戦ったらどっちが勝つか」といったシミュレーションものだと思うかもしれないが、そうではない。アメリカの立場からどうしたら中国との衝突が避けられるかを真面目に分析した地政学・安全保障の本である。内容は深刻だが、書き方が堅苦しくないし、1つのテーマについて最初にクイズを出して簡潔に提示するようなやり方なので、堅いテーマのわりに読みやすく感じた。

価格 ¥2,095
35点の新品/中古品を見る ¥1,460より


19 ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)


金成 隆一の本Kindle本

なぜトランプなのか? ニューヨークではわからない。アパラチア山脈を越え、地方に足を踏み入れると状況が一変した。明日の暮らしを心配する、勤勉なアメリカ人たちの声を聴く。そこには普段は見えない、見ていない、もう一つのアメリカが広がっていた。朝日新聞の人気デジタル連載「トランプ王国を行く」をもとに、緊急出版!本書「おわりに」より―― 過去1年間のトランプ支持者の取材者リストを見返してみる。 トラック運転手、喫茶店員、電気技師、元製鉄所作業員、

レビュー 「この5つ(の製鉄所などの閉鎖)だけで3万人の雇用が消えた。人間は仕事がなきゃ幸せになれない。日本人も同じだろう、なあ?」「この辺じゃブルーカラーはみんな民主党支持者だったが、アメリカは自由貿易で負け続け、製造業はメキシコに出て行ってしまった。ここに残っているのはウォルマートやKマートで他国の製品を売る仕事ばかりじゃねえか。

価格 ¥929
21点の新品/中古品を見る ¥929より


20 父と私 (B&Tブックス)


田中 眞紀子の本Kindle本

幼少期から父の死に至るまでの四十七年間もの間、深い絆で結ばれてきた父と娘。昭和から平成という激動の時代をともに歩んできた著者が、研ぎ澄まされた感性とクリアな視点を通し、時にユーモアを交えながら活写する田中角栄氏の実像。次の世代に向けた究極の“田中角栄"本である。 娘は父から何を学び、父をどう支えてきたのか。そして今、何を次代に伝えようとしているのか。名宰相・田中角栄を傍らで見つめてきた真実が著者自身の筆で記されている。

レビュー 今まで何冊か田中角栄さんに関する本を拝見しましたが、お嬢様の眞紀子さんの視点がやはり真実味を覚えました。

価格 ¥1,728
13点の新品/中古品を見る ¥1,728より



Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加