D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD電子書籍・リーダー注目アイテム

   最新ベストセラー・レビュー 【話題の本棚】



アマゾン検索

話題の本棚小説文芸ミステリーノンフィクション絵本童話カレンダー電子書籍


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


21 黒柳 徹子(著), /トットひとり (新潮文庫)


黒柳 徹子(著), 

「ザ・ベストテン」時代の舞台裏。毎日共に過ごした向田邦子、母と慕った沢村貞子、頼りになる兄貴の渥美清、「一回どう?」と誘った森繁久彌など、大好きな人たちとの交流。トモエ学園やパンダの研究、テレビ草創期、ニューヨーク留学、結婚未遂、ヌード写真などの思い出。そして友人たちを見送 った今なお、ひとり活躍を続けるエンタテイナーが綴る珠玉の回想録。永六輔への弔辞を全文収録。

22 反町康治 (著)/RESPECT 監督の仕事と視点


反町康治 (著)

地方の新興クラブを率い、新たな舞台に導く―。知将が描き発信するサッカー論と指導者論、成長の軌跡と地域への思い。松本山雅FCの監督就任以来発し続ける信濃毎日新聞への寄稿、待望の単行本化で全国へ発信!各シーズンの公式戦戦績・選手一覧付き。

23 小泉 吉宏/まろ、ん?―大掴源氏物語


小泉 吉宏

これ1冊で『源氏物語』全部を読んだ気になれる!著者曰く、『源氏物語』の世界をより知るにつれ、のめり込んで面白くなり、たくさんの方々に是が非でも伝えたくなってしまったり、衣装など時代設定もおろそかにはできなくなり、気がついたら構想から6年、制作の実作業に3年もかかってしまいました。それだけにこの書は必読です。一帖8コマ、全54帖。解説もまじえ、オールカラーかき下ろし。

24 門井 慶喜 (著) /銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞


門井 慶喜 (著)

明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。 賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。 地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。 父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。

25 加藤一二三 (著), 羽生善治 (著), 森内俊之 (著), 佐藤康光 (著), その他 /ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―


加藤一二三 (著), 羽生善治 (著), 森内俊之 (著), 佐藤康光 (著), その他

63年間にわたる現役生活に終止符。 数々の伝説と記録を残し、「神武以来の天才」と称され、 テレビバラエティなどでもその人間性が広く親しみをもたれている 加藤一二三の魅力に迫る。

26 やなせ たかし/やさしいライオン(フレーベルのえほん2)


やなせ たかし

やなせたかし作の絵本。多くの年代に愛され続けるロングセラー。動物園でやさしい雌犬ムクムクに育てられたみなしごライオンのブルブルは、心のやさしいライオンになりました。ある日、ブルブルは都会のサーカスに移されることになります。何年かたったあと、ブルブルは懐かしいムクムクの子守唄を聞くのです。

27 黒柳 徹子 (著),‎ 日本ペンクラブ (編集) /読むパンダ


黒柳 徹子 (著),‎ 日本ペンクラブ (編集)

パンダを深く知り、愉しむエッセイ22篇 浅田次郎、高畑勲、ヒガアロハほか、各界のパンダファン&歴代の飼育担当者が勢揃い! 日本初のパンダ・エッセイ集。シャンシャン出産秘話も収録!

28 日野原 重明/いのちの授業


日野原 重明

“いのち”とはあなたが使える時間のことです。ミリオンセラー「生きかた上手」の日野原重明先生がすべての大人と子どもに教えるいのちの定義。

29 婦人之友社編集部/魔法使いの台所―まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分


婦人之友社編集部

時間のない時ほど役立つアイディア料理と材料の上手なくりまわしのポイントを紹介。こんな料理本がほしかった! 派手さはないけれど、一生使える大切な一冊です!

30 ビル・コッター (著) /ぜったいに おしちゃダメ?


ビル・コッター (著)

この絵本にはたった1つだけルールがあります。 それは「このボタンを押しちゃダメ」ということ。 でも、不思議なモンスターが「おしたらどうなるんだろう?」「おしちゃおうか?」としつこく誘惑してくる。 誘惑に負けてボタンを押すと、モンスターが黄色くなったり、水玉になったり、何匹にも増えたりと大さわぎ! さあ、絵本をふったり、おなかをこすったりして、モンスターをもとの姿にもどしてあげよう! 好奇心をくすぐられて、子どもたちはおなかを抱えて大笑い。 なんどもなんども「また読んで! 」とせがまれる絵本です。

このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。


 ベストセラー話題の本棚のRSS配信  話題の本棚のRSS配信です。


話題の一冊

有村 架純 (著), 川島 小鳥 (写真) /有村架純写真集 「Clear」

有村架純、25歳。想いをこめて写真集をセルフプロデュース! 演じる役が変わるたびに、さまざまな表情を映し出す有村架純。 25歳を迎えた彼女の「今」の素顔とは?




最新ニュース・話題ベスト

ニュース ガソリン、高止まりの公算大 産油国による増産が小幅に
スポーツ メキシコ2連勝で16強前進 韓国2連敗も望み残す
芸能 小林麻央さん偲ぶ会、司会はTBS安住アナウンサー

旬の話題検索 岡本圭人 活動休止



スポンサードリンク




31 中村 妙子(翻訳)/サンタクロースっているんでしょうか?〜子どもの質問にこたえて


中村 妙子(翻訳)

サンタクロースって、いるんでしょうか?そんなしつもんに、ぴたりとこたえた人がいます。いまから90年ほどまえのアメリカのニューヨーク・サンというしんぶんにでた社説です。この本は、その社説を訳したものです。さあ、サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?

32 高倉 健/南極のペンギン


高倉 健

2001年2月16日。21世紀最初の誕生日に、高倉健は絵本を出版した。さまざまな体験から汲み取ったことを、子どものために書き記したという。表題作の「南極のペンギン」、「アフリカの少年」、そして「沖縄の運動会」など、10のエピソードがつづられている。エピソードの長さは一定ではない。すべてが上手に語られているわけではない。だが、自らの体験、見聞きしたこと、そして感じたことが、ストレートに表現されている。健さんが惚れ込んだという唐仁原さんの挿絵も、素朴で温かみがあり、エピソードに深みを増している。

33 黒柳徹子 (著),‎ 岩合光昭 (著) /パンダ通 (朝日文庫)


黒柳徹子 (著),‎ 岩合光昭 (著)

日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子と、日本人として初めて野生パンダの撮影に成功した岩合光昭。日本を代表する「パンダ通」の二人が、可愛くて不思議な動物、パンダの魅力を紹介。100点を越す豊富な写真とエッセイ・対談もついた、パンダ愛あふれるフォトエッセイ。

34 ベターホーム協会/お弁当がすぐできる、便利なおかず (忙しい人の、便利シリーズ4)


ベターホーム協会

忙しい朝のお弁当作りに役立つアイディアやレシピが盛りだくさんです。主食とおかずが一緒になった「1品弁当」や、朝5~10分で作れるおかずの「スピード弁当」で、時間のない朝でも手早くお弁当が作れます。時間があるときに作って冷凍できたり、日持ちするおかずを作っておけば、朝は詰めるだけ。たったの5分で完成!手早く作るために、ベターホームの料理の先生がやっている時間短縮テクニックも紹介。

35 池井戸 潤 (著)/陸王 単行本


池井戸 潤 (著)

勝利を、信じろ。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。このシューズは、私たちの魂そのものだ!埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足―。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る!

36 日野原 重明/戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり


日野原 重明

104歳の医師が病院で見つめた太平洋戦争 。 「戦争やいじめは、人間が人間を愛したり尊敬したりするあたりまえの心を狂わせてしまうもの」―日野原重明先生104歳の記念本は、「病院で見つめた太平洋戦争」を通して子どもたちに「憎しみを乗り越えてゆるし合う心」を伝える希望のメッセージにあふれています。

37 長谷川 義史/だじゃれ日本一周


長谷川 義史

声に出して読むと笑える47都道府県。長谷川 義史:1961年大阪府藤井寺市生まれ。グラフィックデザイナーからイラストレーターを経て、現在絵本作家として活躍中。『いいからいいから3』(絵本館)で第19回けんぶち絵本の里大賞を受賞。『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で、第13回日本絵本賞、第57回小学館児童出版文化賞を受賞。

38 カロリーナ・コルホネン (著, イラスト), 柳澤 はるか (翻訳) /マッティは今日も憂鬱


カロリーナ・コルホネン (著, イラスト), 柳澤 はるか (翻訳)

【2016年フィンランド国内売上コミック部門NO.1!!】 いま、フィンランドで大人気のキャラクター「マッティ」が日本初上陸! 主人公マッティは典型的なフィンランド人。シャイで人見知り。 静けさと平穏、そしてパーソナル・スペースをなにより大切にしています。 でもそんな彼のまわりでは、ちょっぴり「憂鬱」なことばかり起こります。 そのシチュエーションの数々は、きっと、あなたもうなずいてしまうことばかり。 もし、マッティに共感できたら、あなたの中にも「小さなマッティ」がいるのかもしれません。

39 カズオ イシグロ/わたしを離さないで(ハヤカワepi文庫)


カズオ イシグロ

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度…。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく―全読書人の魂を揺さぶる、ブッカー賞作家の新たなる代表作。

40 カズオ イシグロ/夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語


カズオ イシグロ

ベネチアのサンマルコ広場を舞台に、流しのギタリストとアメリカのベテラン大物シンガーの奇妙な邂逅を描いた「老歌手」。芽の出ない天才中年サックス奏者が、図らずも一流ホテルの秘密階でセレブリティと共に過ごした数夜の顛末をユーモラスに回想する「夜想曲」を含む、書き下ろしの連作五篇を収録。人生の黄昏を、愛の終わりを、若き日の野心を、才能の神秘を、叶えられなかった夢を描く、著者初の短篇集。


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加