D-WEBトップニューススポーツ芸能2018年カレンダー人気カレンダーベストセラー季節のログファイル

カレンダー2018年2月3日は何の日 (記念日、行事、出来事、誕生日)



節分(せつぶん)
節分(せつぶん)は雑節のひとつ。各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日をいう。一般に節分というときは毎年2月3日ころの立春の前日をいう。節分の風習はもともと宮中の年中行事で、平安時代の「追儺」(ついな)といわれる鬼や厄神を払う行事であった。その後、柊鰯、豆撒き、恵方巻などの民間行事となった。柊鰯は、柊(ヒイラギ)の枝に鰯(イワシ)の頭を刺したものを戸口に立て柊の鋭いとげと鰯の匂いで鬼を寄せ付けないようにするもの。豆撒きは硬く炒った大豆を鬼に投げて邪気を払い、数え年の自分の年齢と同じ数だけ撒いた豆を食べる。恵方巻は太巻き寿司を恵方(その年の歳徳神が居るとされる方角)に向かって丸かじりする。二十四節気では立春を一年の最初の節気としているため、節分は大晦日にあたる。一年無病息災を祈る行事でもある。

大岡越前の日
1717(享保2)年、大岡越前守忠相が南町奉行に就任した。「大岡裁き」と呼ばれる名裁判で有名であるが、19年間の在任中の裁判は3回だけで、そのうち忠相が執り行ったのは1回だけだった。8代将軍吉宗の信頼が厚く、享保の改革に協力した。

光悦忌
書家・工芸家の本阿彌光悦の1637(寛永14)年の忌日。

-----
(2018/2/3 土曜日 大安 節分 旧暦12/18)


スポンサードリンク



  D-web 最新ランキング ベスト

ニュース 「イチロー、もう自由にやり」元追っかけ女子が語る秘話
スポーツ 大谷4勝目、ソーシア監督「110球はちょうど良い」
芸能 蒼井そら「あーーやられた」愛車イタズラ被害に怒り

旬の話題



話題のアイテム

TSUNAGO/つなぐえんぴつ削り

すてないで、つなげてつかおう。短くなって使いづらくなった鉛筆。 ちょっとした工夫と作業で、また使えるようになる。それが、なんだか嬉しい。 捨てるものを少なくする。使えるものを長く使う。まずは鉛筆から。 まわりのものがより愛おしく感じてきます。




話題の一冊

能町 みね子 /うっかり鉄道 (幻冬舎文庫)

錆びた看板に初めて魅かれたのは、能町みね子が中1の時だった。そんな著者が全国ローカル線を計画性不十分にめぐるとどうなるか。「平成22年2月22日の死闘」「琺瑯看板フェティシズム」「あぶない! 江ノ電」など、タイトルからして珍妙な乗り鉄イラストエッセイが出来上がるのです。本書を読めばあなたも鉄道旅に出たくなる……たぶん!




D-web ポータル

Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。