D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




2位で首位広島を追うDeNAと4連敗から脱出を狙うヤクルトの一戦を写真ライブで速報します。 ◆リニューアル!1球速報 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計 DeNA 0 1 1 0 1 1 0 0 1 1 6 ヤクル…


ヤクルトが今季全試合4番だった青木宣親外野手(36)を1番に、4番にウラディミール・バレンティン外野手(33)を配した新打線を組んだ。 1回に青木がフルカウントから四球で出塁すると、1死一塁から3番山田哲人内野手(25)が右中間を破…

  青木宣親


ヤクルト雄平外野手(33)が、1点先制した直後の1回2死三塁から左翼線に適時二塁打を放った。 初球の143キロを振り抜き「打ったのはツーシーム。山田が先制タイムリーを打ってくれたので楽な気持ちで打つことができました」と言った。


3連勝を目指したヤクルト石川雅規投手(38)は、6回無死からロペスにソロを浴び、5−4と1点差に迫られた場面で勝ち投手の権利を持って降板した。 77球を投げて5安打3奪三振4失点(自責3)。 「野手の方に点を取ってもらったのに申し…


4連敗中のヤクルトは1回、山田哲、雄平の適時打で2点。同点の3回にはDeNA先発バリオスの暴投などで3点を挙げた。 DeNAは4回から登板した三嶋が3回を無安打無失点の好救援。打線も小刻みに追い上げ、6回、ロペスの4号ソロで1点差。…


ソフトバンク中田賢一投手(35)が打線の大量援護にも集中力を切らさず8回4安打無失点と好投。2勝目を挙げた。 サファテ、岩崎が不在の中、8回も自ら続投志願した。130球の熱投にも「球数がいってしまったのは反省点。今日は感覚もよかった…

  ソフトバンク 市川友也獲得


中日が、広島とのシーソーゲームを制して今カード勝ち越しを決めた。 20日のデビュー戦でいきなり4安打を放った新外国人スティーブン・モヤ外野手(26)が同点の8回、ジャクソンから勝ち越しの来日1号ソロ。5連敗からの2連勝に貢献した。 …


西武中村剛也内野手が左肩を痛め、途中交代した。 5回の三塁守備で、ロッテ中村のゴロに飛びついた際、グラウンドに左肩を打った。6回の守備から交代した。病院には行かず、超音波やアイシングの治療を受けた。球場を離れる際、痛めた時の状況を聞…


首位の西武が3試合連続となる逆転勝ちで3連勝を果たした。 0−3の4回、ロッテ酒居を攻め立てた。外崎が犠飛。次の栗山が右越えに逆転の1号3ランを放った。前日に続く2試合連続決勝打に「詰まり気味だったけど、あんなに飛ぶとは思わなかった…


西武多和田真三郎投手が6回6安打3失点で、開幕から負けなしの4戦4勝とした。 4回1死から2安打、1四球で塁を埋め、ロッテ平沢に走者一掃の三塁打を打たれ、3点を先制された。だが、直後に味方打線が4点を奪い逆転。5回にも3点の援護をも…


西武浅村栄斗内野手が、サイクル安打目前の3安打を放った。 4回に右前打で出塁。三塁まで進み、外崎の犠飛で生還した。 5回は、バックスクリーンに放り込む4号2ラン。 7回は、右翼線へ適時二塁打を放った。 8回2死、最後の打席が回…


前日20日に2本塁打を放った日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18)が「3番一塁」で3試合連続の先発フル出場。この日は快音は響かず、4打数無安打に終わった。 第1打席はロッテの左腕、チェンの内角攻めにバットを折られながらも大…

  清宮 プロ初本塁打


捕手としての反省が口をついた。阪神原口文仁捕手が、巨人に3点を奪われた4回の失点シーンを振り返った。 「(秋山は)コントロールがいいので相手に狙われて。捕手の立場として、ボール(から入る)とか手を打つことができた。申し訳ない」。この…


阪神が巨人に本拠地で連敗し、勝率5割に逆戻りした。 今季初めて8番に降格した大山悠輔内野手(23)が3度の得点機で凡退したのが響き、今季2度目の完封負けを喫した。 金本知憲監督(50)は「調子が悪い打者のところに回ってくるというか…


巨人沢村拓一投手がスーパーリリーフを見せた。 6回無死一、二塁で先発田口の後を受けて2番手で登板。原口に四球を与えて無死満塁とさらにピンチを広げたが、ここから粘り腰を発揮。糸原を150キロ直球で押し込み、中飛に打ち取った。大山にはフ…

  田口壮


ロッテ平沢大河内野手(20)が、初めて右翼でスタメン出場した。「小学校の時に何回かある」程度の外野だったが、1回裏の1番秋山の右飛など3度の守備機会を無難にこなした。 一方、好調の打撃は6番。4回1死満塁の場面で、カウント2−2から…


巨人が約3週間ぶりに連勝を飾った。4回に岡本、亀井、小林の適時打で3点を先制。田口が6回途中まで無失点の粘りの投球で沢村、マシソン、カミネロにバトンタッチし、完封勝利を飾った。 高橋監督は連勝に「連勝したのはいいことだし、田口にも勝…


楽天今江年晶内野手が9回、通算100号を放ち、17年目でプロ野球286人目の大台に到達した。 9回は先頭打者で、オリックスの守護神・増田から0封負けを阻止する3号ソロ。2ボールから甘く入った外角直球のカウント球を見逃さなかった。「プ…


ソフトバンク柳田悠岐外野手(29)が、史上65人目70度目のサイクル安打を放った。 本塁打、安打、二塁打、安打と4安打を放ち迎えた8回の第5打席、日本ハム新垣の変化球をとらえると、打球は右中間を真っ二つ。きわどいタイミングだったが、…

  ソフトバンク 市川友也獲得


広島は同点の8回に2番手ジャクソンがモヤに右翼席へ勝ち越しソロを浴びて、競り負けた。 立ち上がりから野手が得点しても、先発ジョンソンが失点する展開。最後は20日温存したセットアッパーが被弾し、連敗となった。 緒方孝市監督(49)の…


日本ハムが大敗した。 先発有原が初回、ソフトバンク柳田に先制ソロを浴びたのが始まり。 4回には柳田に中前打を浴びたのをきっかけに2点目を失うと、5回も柳田に適時二塁打を許すなど一挙5失点。4回1/3を9安打7失点でKOされ、中継ぎ…


楽天が、今季初の3連勝を逃した。先発美馬は4回7安打3失点。 開幕から4戦に登板し、いまだ白星がない。打線もオリックス先発・西の前にわずか3安打。9回に今江が1発を放ったが、後が続かなかった。梨田監督は「美馬はやられ方が簡単すぎる。…


広島は1回バティスタの左前適時打で1点先制。中日も平田の適時二塁打で同点に。広島は2回無死三塁から石原の犠飛で勝ち越し。 中日は5回、大島の右前適時打で同点。広島は6回にバティスタの1号ソロで勝ち越した。中日先発のジーは5回0/3を…


東海大・原田泰成投手(3年=東海大市原望洋)が7回0/3を1失点の好投で、日体大から勝ち点を奪取した。 初回に3奪三振で勢いに乗ると、2ケタとなる11三振を奪った。最速147キロの直球を軸に、フォーク、スライダーなど変化球も要所で決…


広島サビエル・バティスタ外野手(26)が6回に今季1号ソロ本塁打を放った。 広島が1点を取れば、中日も追い付くシーソーゲームの展開で2−2とし、迎えた6回。先頭のバティスタは中日先発ジーの低めチェンジアップを拾い上げた。高々と舞い上…


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*話題の一冊

神 仁司/錦織 圭 フィフティーン・ラブ

テニス界の超期待の新星、錦織圭、18歳。視線の先には世界の頂点。本人へのロングインタビュー、両親、コーチへの取材を通して見えてきた“Air‐K”の素顔。



カレンダーランキング スポーツ

10位 大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ) 2018年 カレンダー 壁掛け B3

2016年、 悲願の日本一へ投打に渡り二刀流で活躍した大谷選手。 プロ5年目を迎え、 今やメジャーリーグから熱い注目を集めている“二刀流"を満載したカレンダー。 …




12345678910


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加